ドッグフードを選ぶ

数多くのドッグフードが販売されていますが、安心安全のものを選びたいと思う方がほとんどでしょう。まず気になるのが、どのようなものをメインとして作られているものかということではないでしょうか。ドッグフードには、チキンやポーク、ビーフ、ラム、七面鳥などのお肉を使って作られているものもたくさんありますし、魚をメインとしたものも販売されています。

犬は私たち人間と違って一番多く必要とするのがタンパク質です。ですから、ドッグフードも高タンパク質のものを選ぶのがおすすめです。タンパク質は、大きく動物性のものと植物性のものがありますが、犬の食事として向いているのは動物性のものです。

また、ドッグフードのパッケージを見ると、具体的なタンパク質の名前が記されていないものもあります。例えば、ミートミールや肉副産物などといった記載です。これらは、肉以外に内臓部分や肉骨粉、毛なども含まれています。ですから、しっかりと原材料名が具体的に記載されているものがおすすめなのです。
また、添加物についても注意する必要があります。ブチルヒドロキシアニソールやエトキシキンなどの酸化防止剤や、亜硝酸ナトリウムなどの保存料は安心できません。

高タンパク質

犬に必要で大切な栄養素であるタンパク質。必要摂取量を人間と比べてみると、犬の方が多くのタンパク質を必要としています。しかも、犬は本来肉食の動物ですので、植物性のものではなく動物性のものが合っています。ですから、ドッグフードは肉や魚などを中心に作られているものの方がおすすめです。

また、この他にも脂肪も必要ですし、ミネラルやビタミン、炭水化物も与えることが必要です。ドッグフードは、これらの栄養素がしっかりと摂れるものを選んであげてください。もちろん、危険な添加物などが使われていないものを選ぶことも大切です。

また、ドッグフードを与えるときに注意したいこともあります。それは、必ず計量して必要量を与えるということです。人間の肥満も問題になっていますが、犬も同じで太り過ぎは注意しなければなりません。足腰を傷めてしまうこともありますし、更に深刻な病気になることもあるからです。もちろん、カロリーや栄養素の不足も避けなければなりません。ですから、きちんと計って適量を与えることがとても大切なのです。

犬はタンパク質をたくさん必要とする動物ですが、与えすぎもやはり良くありません。犬は出されたものは全部食べてしまいますので、気を付けてあげてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket